ed治療薬ランキング

ed治療薬ランキング/効果や副作用など徹底比較

ED治療薬ランキング

 

ED治療薬は、バイアグラから始まり今ではレビトラ、シアリスと3種類が発売されています。

 

バイアグラは狭心症の薬として開発されましたが思うような効果が得られず臨床試験を一旦中断したのですが、薬を返却したがらない人が多く、調べたところ成分のシルデナフィルにED治療効果がある事が分かり、その後ED治療薬バイアグラとして発売されるようになりました。

 

その当時はバイアグラは夢の薬として大勢の人に支持され、日本でも個人輸入で購入する人が増えました。
ですが、ニトロなどED治療薬と併用すると危険な薬を使用している人が使用するケースが増え大きな副作用が問題となり、厚生省が慌てて日本での販売を1年後、正式に承認をしました。(1年で薬の販売承認がされる事は同時の日本においては画期的で稀なケースでした。)

 

その後、バイアグラの欠点を補完するような形で即効性と効果の持続時間を長くしたレビトラが発売されました。
それまでバイアグラは服用後1時間立たないと効果が出ず、効果時間も4時間ほどだったのですが、レビトラは服用後早い人ですと10分ぐらいで効果がでて、効果の持続時間も8時間と長くなりました。

 

ED治療薬ランキング

同時にバイアグラではどうしても副作用(頭痛)が出て仕方なくED治療薬が使用できない人もレビトラのお蔭で使用できるようになった人も大勢いました。

 

一方シアリスは、バイアグラ・レビトラとは全く違った考え方で作られたED治療薬になります。
成分はシルデナフィルで同じですが、分子構造を堅固にする事で、体内で有効成分がゆっくりと溶けるように工夫をして、即効性は無いが効果時間を36時間と言うう画期的なED治療薬として発売されました。

 

バイアグラ、レビトラ、シアリスは今でも並行して売れています。
それは各ED治療薬に特徴がある事が理由で、新薬が出てきてもバイアグラがいいと言う人が大勢います。

 

ED治療薬のランキングをいろんな面から比較してみました。

 

勃起の硬さで比較

 

バイアグラ>レビトラ>シアリス

 

即効性で比較

 

レビトラ>バイアグラ>シアリス

 

持続時間で比較

 

シアリス>レビトラ>バイアグラ

 

上記の様な特徴がそれぞれにありますので、何を重要に考えるかはその人により違います。
又、薬は合う合わないなどの個人差もありますのでその点でも分かれるところになります。

 

ED治療薬は実際に使用してみませんと合う合わないが必ずありますので、一概にこれがランキングですと言っても参考程度に考えていて下さい。

 

ED治療薬の効果

 

ED治療薬、バイアグラ、レビトラ、シアリスは脳に働いて性的欲求を高めるなどの精神部分に作用する薬ではありません。

 

血管拡張作用を利用して、海綿体に血液を送る事で勃起不全を治しています。

 

ですので精神薬と違い慣れてしまって効果が低下するような事は起きません。また麻薬などの様に依存性が出る事もありませんので安心して使用する事ができます。
バイアグラは男性が使用する目的で発売されていますが、例えば女性が服用した場合にはどうなるでしょう?

 

女性が服用しても血管拡張作用がある事は同じですので膣やクリトリス、乳首周辺の血液の循環を良くして、性的感度を上げる事が出来ると思われます。

 

実際に女性用のバイアグラとして、「ウーメラ」と言う商品が発売されています。

 

このウーメラの成分はバイアグラと同じシルデナフィルを使用しており、女性用に用量を考えて作った商品になります。

 

ED治療薬は男性であろうと女性であろうと併用禁止薬は同じで、ニトロなどを使用している方は絶対に使用する事はできません。

 

バイアグラは原発性肺高血圧症と言う病気の治療薬として開発された薬です。

 

ED治療薬ランキング

この病気は肺の血管が硬くなってしまい、呼吸が出来なくなって重篤な状況を作る病気で、難病に指定されています。シルデナフィルは血管を拡張する事でこの病気に掛かった人の呼吸を楽にする効果があります。

 

実際に海外では、この難病の治療薬としてバイアグラが別の名前で使用されています。バイアグラの名前は有名ですのでそのままの名前で使用すると、患者さんや看護婦さんが余計な事を考えてしまいますので名前は変えるの得策です。

 

健康な人がバイアグラなどを使用しますと、同様に肺の血管を拡張する作用がありますので、普段よりも多くの酸素を体に入れる事ができます。

 

ちょっと呼吸がいつもに比べると楽になります。息切れなどがしにくい状態になりますのでその意味でも性交渉を頑張る事が出来る様になります。

 

ED治療薬 副作用

 

バイアグラ、レビトラ、シアリスともに成分はシルデナフィルと同じですので、基本的には似たような副作用が出ます。

 

体が暖かくなる

 

ED治療薬を服用しますと、体の芯から暖かくなるのを感じます。
特に即効性のあるレビトラやバイアグラでこの症状が出てきます。

 

特にきにする必要はなく血管が拡張されることで体全体の血流が良くなりますから、温かく感じます。
これは薬が効いている証拠ですので、ご安心下さい。

 

鼻が詰まる

 

鼻の中の毛細血管が拡張されますと、鼻づまりが出る人がいます。
特に普段から鼻の調子が悪い人や、アレルギーのある人などはこの症状が出やすくなります。

 

この副作用も効果がなくなる頃には一緒に消えてしまいますので、問題ありません。

 

顔が火照る

 

顔の血管は皮膚のすぐ下を走っていますので、ちょっとした血管の拡張で赤くなります。
お酒を飲むと赤くなるのと同じ事です。

 

目が充血する

 

白目の部分の毛細血管の拡張により白目が赤く充血する事があります。
目が疲れた時など、体が目に栄養を与えるために血液の多く運びますので充血します。

 

目の充血に関しては、個人差があり充血しやすいタイプの方は充血してしまいますが、問題はありません。

 

光が青みがかって見える

 

脳の血液の流れが視神経に影響を与えるタイプの人がいます。
このような人は脳内の血液の循環が良くなりますと、視神経を刺激して光が青みがかって見えてしまいます。
青と言っても実際は、蛍光灯にある暖色から昼間色に変わったぐらいの感覚で、どちらかと言うと少し眩しく見える感じです。

 

これと似たような症状に偏頭痛があります。
偏頭痛を持った人の中には、脳内の神経が視神経を刺激してギザギザが見える場合があります。
このような症状が現れる人は、光が青みがかって見える傾向にあります。

 

頭痛がする

 

この症状はかなり個人差がありまして、この副作用の強さによってはED治療薬を変更してみる必要があります。
バイアグラでは頭痛がしたけどレビトラでは大丈夫などがあります。

 

性的な行為をしているときはどうしても運動量が多いので、頭の中の血流も増えて頭痛が酷くなるのが一般的です。

 

動悸がする

 

ED治療薬は血管拡張作用がありますので、どうしても普段より心臓の動きが早くなり心拍数が上がります。
この時に不整脈などを持っている人は、一時的に不整脈を強く感じる事があり体調が気になってしまい性交渉どころではなくなってしまいます。

 

何度かこのような症状を経験していく内に一時的なものである事が体が理解するようになりますと、収まってきます。
ですが、150以上の脈拍数になったりしましたら、心臓にかなりの負担が掛かっていますので使用を中止して一度医者に調べてもらいましょう。

 

性交渉中の絶頂期に一時的に脈拍数が上がるのは普通ですので問題ありません。

 

ニトロなどを使用している

 

心臓発作の予防薬としてニトロなどを使用している方は、絶対にED治療薬は使用できません。
もし使用した場合には、極端な血圧の低下が起きて、深刻な問題になってしまいます。

 

ED治療薬の個人輸入

 

日本でED治療薬を手に入れるのには、お医者さんの処方箋が必要になります。

 

ED治療は病気として認められていませんので、当然保険の適用になりません。希望的には将来ED治療薬が保険適用になれば最高ですが保険事情が少子高齢化でお金が足りませんのでまず保険適用になる事はありません。

 

実費での負担になりますので一錠数千円の値段で購入する事になります。

 

週に1回使用するとしますと、すぐに万単位のお金が必要になってきます。これでも使えるのは週1回です。

 

ED治療薬が効く事は良くわかっているのだけど、経済的に続ける事ができないと言う人が多いのではないでしょうか?

 

これはどうしようも無い現実で、お金が無い人は贅沢にED治療薬を使用する事は不可能になってしまいます。

 

最近バイアグラの特許が切れて、日本純正のバイアグラジェネリックが発売になりましたが、値段を見ると何故かどの製薬会社も一律に高値で販売しています。

 

通常はジェネリックが発売になりますと、新薬の半値以下で発売さえるのが常なのですが、ED治療薬の場合は協定があるのか新薬と500円ぐらいの差しかありません。

 

ですが、海外ではED治療薬のジェネリックは通常のジェネリックと同じ様にかなり安い値段で発売されています。

 

そこで海外で発売されているED治療薬を購入する方法として、薬の個人輸入があります。

 

薬の個人輸入と言っても聞いた事が無い人が多いでしょう。日本の法律では一定の期間の使用量に対して個人で海外から薬を輸入しても良いとされています。

 

この一定の期間といいますので、通常日本の医者が処方する1か月分の使用量を言っています。

 

ですが、処方される1か月の使用量と言う定義はあいまいで、ある程度そのあたりは幅を持たせているようです。

 

薬の個人輸入と言っても素人が簡単に輸入できる事はありません。それなりの書類を用意して申請をする必要があり、且英語が書類のほとんどになります。

 

収入の低い人がED治療薬を使用したい場合には、何とかこの海外の安いED治療薬を手に入れたいと考える事は自然な事です。

 

ED治療薬ランキング

そこで頼りになるのが、この薬の個人輸入を代行してくれるショップが存在しています。

 

これに便乗して、いい加減な薬を販売する悪いショップも同時に存在しています。

 

この個人輸入を上手に使用する事で、ED治療薬ですと1錠数百円で購入する事が出来る様になります。

 

悪い業者は、すぐに消えては新しく出現しますので長い間続けて個人輸入の代行をしている業者を選ぶようにしましょう。

 

又、まともな業者はクレジット決済ができますので、これも基準になります。いい加減な業者はクレジット会社の審査が通りませんので、クレジットは使用できません。

 

 

ED治療薬 ジェネリック

 

ED治療薬のジェネリックと言いましても、本来薬は製造後20年は特許がありますので、この日数を経過しているのバイアグラぐらいになります。

 

バイアグラはすでに日本純正のジェネリックが出ていますが、通常はジェネリックと言いますと、新薬の半値以下で出てくるのですが、バイアグラに関してはjジェネリックト言ってもそれほど安い値段では出ていません。

 

海外では、バイアグラは1錠数百円で購入する事ができます。

 

シアリス、レビとrに関してはまだ特許が切れていませんが、実際にはインドからジェネリックが出ています。

 

インドに関しては、他国と薬に関する考え方の違いが以前はあり、一般的に決められた特許は通用しませんでした。最近になってインドの法律も正解水準になり特許を同じように認めているのですが、実際には特許の効果は抜け道が沢山あり、今でもくすりがはつべいされるとジェネリックがすぐに出てきている状況です。

 

国境無き医師団などは、後進国でくすりを使用する時にはインドのジェネリックをほとんど使用しています。
ですので、貧しい国での医療はインドのキャンリック医薬品無しには成り立たない状況になているのが現実です。

 

そのような事情もなり、インドのジェネリック医薬品は、製薬会社の方でも非難がしずらい状況になています。

 

レビトラ。シアリスのジェネリック医薬品も1錠数百円で購入できる値段で販売さえています。

 

日本の十分の一程の値段で購入する事ができますので、やはり需要が多く個人輸入もさかんに行われています。

 

個人輸入の代行業者を見に行きますと多くのジェネリックも同時に販売されていますので、参考にしてみて下さい。

 

ED治療薬女性

 

男性には好評のED治療薬ですが、女性には効果があるでしょうか?

 

何となく女性には効果が無いように思えます。

 

ですがアメリカでバイアグラを少量女性に服用してもらい、効果を確認したところ、不感症の女性や濡れにくい女性には効果がある事が分かってきました。

 

事実、アメリカでは女性用バイアグラが発売になっています。

 

女性にも男性ト同じように、クリトリスや膣には血管が多く存在していて血液の流れが良くなることで、クリトリスは感じやすくなり、膣内も多くの分泌物を出して濡れやすくなります。

 

男性にしても女性にしても若い時には必要がありませんが、年を取る事で血行が悪くなりどうしても性器などには細い毛細血管が存在していますので、血の流れが思う様に行きません。

 

男性は勃起不全になり、女性は不感症になってしまう訳です。

 

男性にも個人差があり、効果が無い人がいるように、女性にも個人差があり効果のある人無い人が出てきます。

 

女性で性的な悩みがある場合に、女性用のバイアグラなどを試してみるのもいい方法です。

 

副作用は、男性と全く同じですので頭痛、動悸、火照りなどが出てくる人がいます。

 

ED治療薬の安い買い方

 

ED治療薬を買うときに10mgで十分だとしたら、多分多くの方は医療機関で10mgを処方されていると思います。

 

ですが20mgとの値段差を見てみますと、2000と1500と言う感じで価格差があまりありません。

 

何故10mgの値段が20mgの半値にならないかと言いますと、成分の値段なんてものはたいした値段ではありません。

 

コストの掛かる部分は、機械や包装、人件費などが主で、20mgだろうと10mgだろうとこの部分は同じ値段が掛かってしまいます。

 

この価格が薬の原価のほとんどですので、価格差はありません。

 

むしろ500円の価格差を付けたのは仕方なく付けたのであって、10mgは製薬会社に取っては利益率が少ないはずです。

 

この事を理解していますと何故価格に違いが無いのかが良く分かります。

 

ED治療薬ランキング

購入者の目線で見ますと、上記の様な理由は関係の無い話です。

 

もし10mgを購入しているとしたら、メーカーは儲からない、購入者は割高なものを買うという悲劇な状態になります。

 

ですので、どのED治療薬を購入する場合でも、必ず一番用量の大きいものを購入して、ピルカッターで半分に分けて10mgとして使用しましょう。

 

そうする事で、価格は半分の値段になります。

 

今まで1500で購入していたものが、1000円で購入できる事になります。

 

最近のピルカッターは出来が良くて、半分にした残ったピルをそのままぴるケースとして使用できます。

 

ピルカッターは数百円ぐらいで購入できますので1つ購入しておくと便利です。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ